洋服はあるけど、コーディネートができない理由。

こんばんは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

昨日のファッションコーチングのお客様も先日ショッピングアテンダントを行ったお客様にも

共通のお悩みがあったので、ブログで取り上げてみたいと思います。

 

それは、

『洋服はあるけれども、コーディネートができない』

というお悩み。

 

0213wardrobe

クローゼットを開ければ、洋服はたくさんあるんだけど・・・。

 

昨日のお客様の場合、1万円代のお洋服はちょこちょこ購入されたりするそうです。

基本的にお好きなファッションの傾向も決まっています。

でも、他の手持ちの洋服とコーディネートできなくて、いつもワンパターンになってしまうとか・・・。

着まわしをする場合、思い切ってもっと高価なお洋服を買った方がいいのか?というご質問を

頂きました。

 

残念ながら、単に高いお洋服を買えば、解決するものではなく、どんなものを買うか?と

どのようにコーディネートするか?を考えることの方が大事なんですね。

 

いろんなお客様からお話をお聞きした感じでは、シンプルなものやベーシックなものだと

ちょっと足りない気がして、少し変わったデザイン性のあるものを購入したりするようです。

でも、このあたりがカギになります。

デザイン性のあるもの同志のアイテムの組み合わせは、コーディネートにテクニックが必要なんですね。

それと共に、先日ブログにも書いた『バランス感』も重要です。

 

着まわしをしやすくするためには、ベーシックもしくはシンプルなアイテムとデザイン性のある

アイテムを上手に組み合わせることが基本。

たとえばトップスにフリルやレースのついたフェミニンなニットを持ってくる場合、

ボトムにはシンプルな9分丈パンツやタイトスカート、カジュアルならデニムを合わせることも可能です。

そして、靴やベルト、アクセサリーなどの小物で、そのスタイルの雰囲気を変えることもでき

いろんな着まわしができるんですね。

ベーシックでシンプルなボトムがあったからこそ、トップスのデザインが映えるし、着まわしもできるんです。

 

もちろん上級者だったり、年齢が若ければ、デザイン性×デザイン性のコーディネートも可能です。

でも、着まわしを望むなら、やはりベーシックやシンプルなアイテムで自分のカラダに合う

シルエットのものを持っていることの方が、コーディネートしやすくなります。

 

トップスやアウターにデザイン性があるなら、ボトムをシンプルに。

ボトムにデザイン性があるなら、トップスをシンプルに。

洋服がすべてがシンプルでベーシックなら、アクセサリーや靴、バッグなどの小物で個性を出しましょう。

 

シンプルでベーシックな洋服って、ちょっとつまらない気がされるかもしれませんが

今のトレンド自体がベーシック流行り。

 

アラフォー以上の場合にはデザイン性で頑張りすぎるとイタく見えてしまうこともありますので

自分のカラダを引きたてて、長く着られるベーシックなアイテムに投資するのもよいと思いますよ♡

 

≫個人向けスタイリングメニューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です