こんばんは。

パーソナルスタイリスト・スーツスタイリストの三好凛佳です。

 

このところ、昼間はスタイリングの仕事、夜はPC仕事という感じなので

なかなかこちらのブログも更新できずですみません…。

 

そんな中、昨日はビジネスショッピング同行⇒プロフィール写真撮影という

お仕事でした。

 

ショッピング同行は何度かご利用くださっているリピーターのお客様で

地方在住でらっしゃることもあり、写真撮影まで1日でお承りさせて頂きました。

 

 

撮影が終わった直後、お客様から

『プロの仕事をどうもありがとうございました』

と、嬉しい言葉を頂きました。

 

お客様ご自身も相当なプロフェッショナルでらっしゃる上、

これまでもさまざまなところでプロフィール写真撮影をされてきた方から

そんな風におっしゃって頂けるなんて、本当に光栄でした。

 

こちらこそ、ワクワクとした楽しいお仕事をさせて頂けて感謝なんです。

 

なぜ、私たちの仕事がプロとおっしゃって頂けたのか?

アマチュアとプロフェッショナルは何が違うのかを考えてみました。

 

そうなる原因のひとつとして、プロが行う仕事って

『場作り』から始まるものだと思うんです。

 

スタイリストが洋服をコーディネートして、

ヘアメイクをして、フォトグラファーが写真を撮影すれば

プロフィール写真はできあがりますよね。

 

でも、これは単にやることなだけ。

ちょっと得意なアマでもやろうと思えばできることです。

 

そのやることのプロセスにおいて、

お客様が撮影や写真を使うことが楽しみになるように

そしてそのビジネスの未来がイメージできるように

実は細部にわたって、場を整えながら、臨機応変に仕事ができるのが

プロたるゆえんなんじゃないかなと思うのです。

 

もちろん、私もはじめっからできたわけではないのですよ(^^;;

 

いろんな現場を経験して、たくさんのお客様に対してベストを尽くそうと

毎回集中してやってきたからこそ、自然と身についたのだと思います。

 

今回もご担当下さったフォトグラファーの善本喜一郎さんが

『プロフィール写真には、写す側との関係性が表れる』とおっしゃっています。

 

だからこそ、場を整え、お客様が魅力を発揮できるようにすることが

大事なんじゃないかなと思ってます。

 

これからもよい仕事ができるよう

センスはもちろん意識をもっと磨いていきたいなと思います

 

 

個人向けメニュー

基本のパーソナルスタイリングコース⇒ ショッピングコース

ワードローブを見直すコース⇒ ワードローブコース

1シーズンでじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒ 100days シーズンスタイリング

おかげさまで6月のご予約枠は満席となりました。
現在、7月のご予約を受け付け中です。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】

≫「10年以上愛されるパーソナルスタイリストの秘訣」のご登録はこちらから

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です