こんばんは、パーソナルスタイリスト、スーツスタイリストの三好凛佳です。

 

もし、あなたが、上司に仕事を認めてもらいたい、取引先に信頼されたい、と思っていたら、

会社の服装規定を守っているだけでは、もったいないことになります。

 

多くの企業は、男性はビジネススーツが基本的に義務付けられているけど、

女性は比較的に自由な服装で、スニーカーやデニム、肌の露出以外はNGでないという感じですよね。

管理職の女性はバリバリのスーツを着ているけど、そこまでは…と思ってらっしゃるかもしれません。

 

でも、アラフォーともなると責任のあるポジションになることも少なくありません。

もちろん、職種や業種で異なりますが、そういう時にこれまでと同じ服装でいいのかな?と感じたら、

ファッションを見直すよい機会なんだと思うんです。

 

先日もそんな女性のお客様とのショッピングアテンダントでした。

これまでは体型的な課題もあり、カジュアルな服装をして来られましたが

新しくジャケットスタイリングすることになりました。

※掲載の許可を頂いております。

 

1125shopping

 

圧縮ウールのジャージジャケットと、少し薄手のオールシーズン向けのジャージジャケット、

そして襟にデザインが入った白シャツをお揃えになられました。

 

スーツ系のカッチリしたジャケットとは違い、伸縮性のあるジャージジャケットは

着慣れていない方でも動きやすくストレスにはならないんです。

また、ウェストのシェイプ感と程よい伸縮性が、スタイルアップして見せてくれます。

 

ジャージジャケットは素材感と縫製によって、カジュアル度が大きく異なります。

お仕事向けだと、出来る限り生地に見えるような上質感も大切。

 

今回はとてもお手頃ですが、キチンと感のある着やすいジャージジャケットが見つかりました。

お手持ちのスカートとも相性がよく、着まわしもしやすそうなタイプです。

 

今回のお客様もそうでしたが、自分がこれまで行くお店では、ちょうどよいジャケットが

なかなか見つからなかったとのこと。

これまでと違う装いを目指すなら、新しいお店を開拓することも大事なんですね。

 

ジャケットを着ているスタイルと、そうでないスタイルを比べた場合、

93%の人がジャケットを着ている人がポジションが上と判断したというデータもあります。

なりたい姿があるのなら、すでになったつもりで行動する方が実現しやすいです。

 

私はもともとジャケット好きなので、必要な機会には必ず着るようにしていますが

堅苦しすぎる・・・、窮屈・・・と、着慣れていなくて思い込みのある方には、

なかなか見つけにくいこともあるかもしれません。

 

でも、美しいジャケットの効果は、信頼感のある印象だけでなく、体型補正効果もあるんですよ。

今の服装がこのままでいいの?と感じたら、ぜひ見直して見て下さいね。

 

ワーキングウェアのカジュアル化が進むからこそ、

働く女性がジャケットで、美しく輝く姿を増やしていけたらと思います

 

個人向けメニュー

まずはファッションについて相談して、自分を活かすアドバイスが欲しい⇒ファッションコーチング

ワードローブを見直して、コーディネートに活かしたい⇒ワードローブチェック&プラン

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

【ご予約状況】

11月のご予約は、おかげさまで満席となりました。
12月のご予約可能スケジュールはこちらです。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】

≫「10年愛されるファッション起業の秘訣」のご登録はこちらから