皆さま、こんばんは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

あっという間に毎日が過ぎていくこの頃(^^;)

気がつくと、4日も更新せずにいました。ご訪問頂いた方に感謝いたします。

 

さて、この週末は暖かでしたが、街路樹も色づきすっかり冬気分になってまいりましたね。

数日前、ホワイトのコーディネートで出かけました。

 

1119rinka

カシミアのセーターとコーデュロイのパンツで、コートの中は白一色のコーディネート。

グレーのモヘアコートとグレーのブーツ、同じ配色のレオパード柄のマフラーを合わせました。

 

寒くなってくると、ウィンターホワイトのコーディネートがしたくなります。

きっかけは、16,7年ぐらい前。ファッション雑誌で見かけたラグジュアリーブランドの

広告で、柔らかな白のニットに白ウールのカーゴパンツをスタイリングしたものが

すごく素敵で、自分も白一色のコーディネートを着たい!と思ったのです。

 

今では白のカーゴはどこにでも売っていますが、当時はなかなか見つからず…。

結局、ライトグレーのウールカーゴを探し出し、白のモヘアニットを合わせました。

そのコーディネートはアパレルの同僚たちに好評で、その頃から夏だけでなく冬にも

どんどん白を着るようになったのです。

 

アパレル時代は、私と言えば「黒が似合う」「赤が似合う」というイメージを周囲から

持たれていたのですが、そのウィンターホワイトコーデをするころから「白が似合う女性」になりたくて(笑)

続けているうちにここ5~6年でやっと白のイメージが定番化してきました。

 

皆さんも「なりたい自分」がある時は、自分の外見的要素を客観視しながらも、

洋服は着慣れることも大切ですよ。

 

雪のように、すっきりと清々しくでも柔らかい気持ちになるウィンターホワイト。

ぜひ、着てみたい方はチャレンジしてくださいね。

 

≫パーソナルスタイリングメニューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です