皆さま、こんにちは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

 

今日は暑いですが、これから活躍するであろうセーターのお話を(笑)

 

これまではお尻が隠れるぐらいの長めのセーターやカーディガンが多かったのですが、今季は

短め丈が増えてきています。

1009sweater

 

これは、ボトムのシルエットにヴォリュームが出てきたから。

フレアースカートやタックパンツなど、腰回りにボリュームが出ると、トップスの丈を

短くすることで、全身のバランスが整うんです。

上の写真では、これまでほとんど見られなかったセーターをスカートにインするという

着こなしも見られますね。

 

上の画像は、11月号のマリソルからお借りしましたが、この秋のファッション誌はこの傾向が

かなり増えてきているようです。
marisol (マリソル) 2013年 11月号 [雑誌]
marisol (マリソル) 2013年 11月号 [雑誌]

 

これまで通り長め丈のトップスの場合は、スキニー系の細身パンツで逆三角のバランスで。

でも、来年あたりはまた少し変わってくるかもしれませんね。

 

さて、そんなセーター。この語源が「減量」から来ているってご存知でした?

『sweater』が英語の「sweat」汗から来ているというのは知ってはいましたが、昨日山手線の

モニターに出てくる豆知識で知りました(笑)

 

アイビーリーグのフットボール選手がトレーニングする時に、汗をかいて減量するために

着たのが編物の上着のユニフォームだったとか。

それが元となって、その他のスポーツでも着用されて一般化したようですが、広がって

いく中で今のスウェットやジャージになっていったと考えられます。

 

 

10月なのにこんなに暑くても、今年はあっという間に冬の寒さが来るそうです。

そろそろセーターも出しておかないとですね♪

 

 ≫スタイリングメニューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です