皆さま、こんばんは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

 

男性の皆さま、スーツはあまり着たくない派?それとも着たいと思う派?のどちらですか?

 

私の専門家的意見としては、これほどビジネスシーンにおいて入口の信頼感を伝えるのに最適な

ツールはないと思うのですが(流行のモードスーツはちょっと別ですが)、どうしてもお好きでない

方々がいらっしゃり、またそういう方々の中は制服的機能しか求めておらず、非常にもったいない

状態でお召しになってらっしゃるので、残念だな〜と思うことがあります。

 

0614suit

実は最近も、あまりスーツを着たくなかったというお客さまから、ビジネススーツのスタイリングご依頼を

頂きました。

いろいろお話をお伺いしていると、その理由となっているものが、これまでそういったお客さまと

共通しているんです。

 

それは、サイズが合ったスーツやシャツを着ていなかったということ。

 

購入するときには販売員さんがいて、サイズを見てくれているはずなのですが、何故か体に合って

いないものを購入して、着るたびに窮屈だったり、大きくて余計な重さが肩などにかかったりと

『スーツ=着心地が悪いモノ』という認識になってしまうからなんですね。

 

特にセールでいつもスーツを購入されている場合、サイズ選びがアバウトになっていることが多い様子。

価格に関係なく、サイズが合っていないスーツは、着るご本人には心地よくないし、外見的にも

非常に残念な印象になってしまいます。

 

スーツを購入するときには、既製品でもメーカーによってシルエットやサイズ感が違うので、いろいろ

着比べることがお薦めです。

体に合っているスーツは、肩から首にかけてスーツの重みが分散されるので、軽く感じます。

 

また、既製品でサイズを合わせるのが難しい方は、せめてイージーオーダーで作りましょう。
(できればパターンオーダーの方がベストですが)

今は既製品と変わらない価格で、作ることができるお店はいくつかあります。

シャツも同様に、既製品と変わらない価格で作れますよ。

(スーツ¥19000とかシャツ¥2900などの2プライスショップの価格は無理ですが・・・)

 

女性視点で考えると、男性のスーツやシャツスタイルは、とても素敵だと思いますし、好きな女性も

少なくありません。

スーツを作るのがハードルが高いなら、シャツから始めてみるのもよいですよ♡

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です