戦略的にアクセントカラーを取り入れてみる

ごぶさたしております。

パーソナルファッション®スタイリスト、スーツスタイリストの三好凛佳です。

 

気が付くと、このブログを20日間ほどごぶさたしてしまいました。

日々のコーディネートはアメブロインスタグラム

養成講座などの活動については、パーソナルファッション®協会のブログ

ご覧いただけます。よかったらチェックしてみてくださいね。

 

 

さて、パーソナルスタイリングのビフォー&アフターや、

お客様のスタイリングから皆さんにお伝えしたいファッションのヒントなどを

少しずつアップしていきますので、またおつきあいくださいね。

 

 

5月初めにショッピング同行させて頂いたリピーターのお客様のスタイリング。

いつもはスーツ系やジャケット系のみでしたが、今回は少しカジュアルな場が

増えたということで、ジャケットなしのビジネスカジュアル的なコーデも

ご提案させて頂きました。

 

 

 

これ以外に、ジャケット+ワンピースのセットアップも購入されました。

 

3年前からスタイリングさせて頂いている専門家のお客様。

ビジネスでのブランディングのポイントとして、ひとつの色を

取り入れるようにしています。

 

このお客様の場合は、ロイヤルブルーか水色。

今回は夏向けのクールビズ対応として、ロイヤルブルーをアクセントに

しています。

 

軽く羽織れるカーディガンとインナー。

 

 

 

ビジネスカジュアル時に楽に履けるペタンコパンプスなど。

 

その他これまでに、手帳などのステーショナリーやワンピースの柄の

ポイントカラーなどでも取り入れています。

 

 

色というのは、効果的に使うと印象に残りますよね。

でも、ビジネスシーンや職種によっては制約もあるので、

取り入れ方を少し考えながらスタイリングする必要もあったりします。

 

女性の場合、キレイな色は取り入れやすいのですが、

アレコレと色を豊富に使うと、派手だったり幼い感じに

なってしまうこともあるんですね。

 

だから、初めに取り入れるなら、アクセントカラーにすることがポイント。

できれば、パーソナルカラーの中から、自分のビジネスにフィットする

イメージの色を使うとよいかもしれません。

 

春夏は、洋服でも小物でも、キレイな色の商品がたくさん出る時期。

 

単に似合う色を着るだけでなく、

戦略的に自分のビジネスや自分を引き立てるアクセントカラーを

考えてみるとよいと思いますよ

 

 

個人向けメニュー

基本のパーソナルスタイリングコース⇒ ショッピングコース

ワードローブを見直すコース⇒ ワードローブコース

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

 

【ご予約状況】

ただいま、6月のご予約を受け付け中です

詳細はお問い合わせ下さいませ。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「10年以上愛されるパーソナルスタイリストの秘訣」のご登録はこちらから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です