こんばんは、パーソナルスタイリスト、スーツスタイリストの三好凛佳です。

この週末は、スーツスタイリストのお仕事と、パーソナルスタイリスト養成塾の授業といった2日間でした。

 

土曜日午前は、オーダースーツの仕上がりとビジネスカジュアルのショッピング同行。

7月からサポートさせて頂いている行政書士の中村聡介さんのスタイリングです。

とっても素敵なスーツができあがりました(^^)

 

0903suitstylist2

Ermenegildo Zegna のTRAVELLERというシワになりにくい生地。

お車での移動が多いというお客様にはピッタリの素材です。

また、マットな無地でなく、織り柄のある風合いがクラス感を感じさせてくれるタイプなんです。

 

 

0903suitstylist3

襟裏と裏地の色をカスタマイズして、オーダーならではのコダワリも楽しんで頂きました。

 

 

0903suitstylist4

シャツはヘリンボーンの織り柄の白と、キャンディストライプの生地をチョイス。

基本のコンセプトに従って、ベーシックで長く着られ、汎用性の高いデザインに。

 

 

 

このスタイリングのできあがりが、こちら!

0903nakamura1

行政書士のお仕事をステージアップさせてくれる、クラス感のあるスタイルとなりました。

一見、ごくごくベーシック。

でも、ひとつひとつ洗練された素材を選び、

体型に似合いながらも印象戦略を考えたスタイルに仕上げました。

 

 

0903nakamura2

ネクタイは、ネイビーの小紋柄をチョイス。

どんなお仕事の場面にもフィットしながら、キチンと感を与えるVゾーンにいたしました。

ポケットから覗くワインレッドのチーフは、スーツのポケット裏地を使った仕様。

必要のない場面には中に納めておいて、

お仕事後にパーティや交流会などでは、裏地を引き出せるような仕立てになっています。

 

 

今回のスタイリングは、今後のビジネス展開を視野に入れたイメージで

印象アップを考えたスタイリングをさせて頂きました。

 

ご覧になってわかるように、とても素敵な中村さんなので、

外見にお似合いになるだけなら、もっと華やかにもトレンド性を取り入れたのも

着こなすことが可能です。

 

しかしながら、単に外見に似合うものを選ぶのではなく、

そのビジネスにおいて、仕事がスムーズに運び、

自信を持って活躍できることが最も大切。

 

そのイメージ作りをしっかりとベースでおさえながら、

カラ―や骨格スタイリングをバランスよくカスタマイズさせて頂きました。

外見に似合うアドバイスをするプロは多いけど、

さまざまな要素を絡めながら、スタイリングできるのは、私ならでは強み。

ビジネスとその人をデザインするというイメージなんですね。

次にできあがるビジネスカジュアルのジャケットもとても楽しみです!

 

 

実はこの夏、スーツスタイリストとしてのお仕事が急増しました。

他にもご紹介していないけど、掲載許可を頂いているお写真がありますので

別の機会にご紹介させて頂きますね

 

 

個人向けメニュー

まずはファッションについて相談して、自分を活かすアドバイスが欲しい⇒ファッションコーチング

ワードローブを見直して、コーディネートに活かしたい⇒ワードローブチェック&プラン

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

【ご予約状況】

ご予約可能日程は、土日・平日とも9月下旬となります。10月土日のご予約可能日時も少なくなりました。

詳細はお問い合わせ下さいませ。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「10年以上愛されるパーソナルスタイリストの秘訣」のご登録はこちらから