こんばんは、パーソナルスタイリスト、スーツスタイリストの三好凛佳です。

猛暑という言葉がふさわしい気候ですね。

今日は朝イチでショッピングアテンダントだったのですが、外の気温が高くなった分、

デパートの冷房が強くなったと肌で感じました…。

 

まだ冷房対策が必要なかった土曜日のコーデはこんな感じでした。

 

0702rinka

 

レースシャツというエレガントなテイストのアイテムを、デニムでカジュアルダウンしたMIXコーデ。

ヒールの高いレースアップシューズもエレガント寄りですが、デニムが中和してくれてます。

最近のinstagramの投稿では、1番人気となりました(^^)

 

 

さて、話は変わりますが、最近のお仕事を通じて、よく思うことがあります。

それは、「自分の魅力を受け入れていない大人の女性が多い」ということ。

 

ファッションコーチングで、なりたいイメージをじっくりと引き出していくのですが

その時にお客様から出てきたイメージと、

私がその日の初対面で感じたイメージとは、

ほとんどの場合、一致している部分が多いのです。

 

すでに持っているその人の魅力。

でも、自分で自分を見ることができなかったり、

身長が低いからとか歳だから、自分はそんなタイプじゃないからと、

思いこみで制限をかけてたり、

ファッションなどの外見で、単に表現ができていなかったりするだけ

 

また、自分の魅力を受け入れられず、他の誰かになろうとしていることもあります。

 

その他の誰かになろうと頑張って、本来の自分とは違うファッションをしたりすると

何だか似合わなかったり、頑張っている感が出たり、よくある大人の女性のイタいになってしまうことも…。

 

40代ともなると、社会でもプライベートでもいろんな経験をしてきたから

その自分の体験や成功パターンの中で、どうしても物事を考えてしまうんですね。

 

 

でも今、その自分に違和感を感じたり、変わりたいと思うなら、

これまでの考えや思いこみを一度リセットして、素直に新しいチャレンジや考え方をしてみるのがよいと思います。

 

これはパーソナルスタイリングに限らず、いろんなことにも言えること。

そして、私自身もビジネスやメンタルで経験してきたからわかることなんですね。

自分って自分が思う以上に、自分のことをわかっていないものなのです(笑)

 

 

じっくりと、自分の外見の魅力を考える時間を取るのもよいでしょう。

第3者から何度も「あなたはこうね」と言われたら、悪い意味で捉えるのではなく

自分にとって良い意味の言葉に置き換えて考えてみるのもよいと思います。

悪い意味でそう思われるのはイヤと、違う何かになろうとすると、ますます魅力が消えてしまうこともあります。

もしかしたら、それが本当のあなたの魅力であることがあるからなんですね。

 

それから、外見の魅力には、ファッションや体型の特徴だけでなく、大きな影響を与えるものが他にもあります。

意外とそれに気づいていない方も多いかも。

今日は長くなってしまったので、また、違う機会にお伝えしますね

 

個人向けメニュー

まずはファッションについて相談して、自分を活かすアドバイスが欲しい⇒ファッションコーチング

ワードローブを見直して、コーディネートに活かしたい⇒ワードローブチェック&プラン

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

【ご予約状況】

ご予約可能日程は、土日・平日とも7月下旬となります。

詳細はお問い合わせ下さいませ。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「10年以上愛されるパーソナルスタイリストの秘訣」のご登録はこちらから