こんばんは、パーソナルスタイリスト、スーツスタイリストの三好凛佳です。

 

ワイドパンツが好きすぎて&楽すぎて(笑)、気がつくと毎日違うバリエーションではいています。

紹介しきれていないワイドパンツのコーデを今日は載せてみますね。

 

まず、ベーシックなシルエットなんだけど、素材が凝っているタイプ。

画像よりもうちょっと明るめのブルー系です。

 

0617rinka

ノースリーブのブラウス×レモンイエローのコットンカーデで。

ベルトとサンダルは、ベージュ。バッグはネイビーでパンツの同系色でおさえました。

 

 

0626rinka

 

同じパンツをデザイン性のあるとろみブラウスで。

ベルトとバングルをシルバー、バッグとサンダルを白系にしています。

 

このワイドパンツは、シルク×ウール×ナイロンなどなどのいろんな繊維が混ざっているけど

薄手でネップのある織り感がキレイな素材。

キレイめに着るために、基本的にヒールのある靴にはけるような丈にしてあります。

最近暑いので、ジャケットとまだ合わせてないけど(^^;;

フルレングスの場合、どんな着こなし&靴合わせにするかで、丈の選び方も変わってきます

 

 

そして、こちらは光沢のあるコットン素材のスカート風なワイドパンツ。

ファーストリスティング風にいうと、スカンツでしょうか。

 

0616rinka

昨年購入したユニクロKIDSのボーダーカーデとコンバースでカジュアルに。

下見の日で、馴染みの販売員さんにカーデの丈感が好評でした。

ユニクロKIDSとカミングアウトしたら、驚かれました(笑)

 

 

 

0624rinka

カジュアルなレーヨン系の細いストライプシャツに合わせて。

サンダルは薄い水色です。

 

こちらは足首丈なので、スニーカーを合わせればカジュアル、ヒールのある靴だと

フェミニンな着こなしが可能です。

トップスのコーデ次第でイメージが変えられる便利なタイプです。

今度はキレイめなコーデをしてみようと思います。

 

 

あと、昨年の夏の終わりに購入したGUのワイドパンツ。

0612rinka

薄~いコットン素材なので、これから活躍してくれそうな1本。

これはもともと短めなタイプなので、ペタンコの靴でカジュアルにも着られます。

でもやっぱり素材感は上の2つに比べると劣るので、上質素材のジャケットと合わせたら

何かヘンな感じになりました。インナーとかトップス程度なら問題ないんですけどね。

 

やっぱり服自体のパワーというかオーラの違いを実感しました。

ちなみにこの着画のジャケットは、2年ぐらい前のZARAのものです。

 

 

上の2つはかなり前のセレクトショップ系のセールで購入しています。

ワイドパンツはもともと好きで自分定番というのと、私の太いふとももを隠してくれるのと(笑)、

この秋もトレンドが続くことが分かっているので、バリエーションが欲しくなってしまうんですね。

でも、まだデビューしてないものもあるので、そろそろ夏~初秋は打ち止めにしようかなと。

 

 

私のお洋服の購入の仕方としては、好きなアイテムでも、自分のワードローブで「こんなものが必要」と

考えておいたものに当てはまるかどうかを考えています。

もちろん、手持ちアイテムと3パターン以上の着まわしができるかどうかも考えます。

 

自分の記憶から外れてしまうほどの点数は、着まわしの選手にも選ばれず、持っていないのと同じになりますから(^^)

 

 

なので、常に手持ちアイテムの在庫はチェックして、(セールに行くなら尚更ね)

本当に必要なアイテムと、手持ちのお洋服と着まわし可能なアイテムを考えておくのも大事です。

特に好きなアイテムはついつい欲しくなるので、意識したいですね

 

個人向けメニュー

まずはファッションについて相談して、自分を活かすアドバイスが欲しい⇒ファッションコーチング

ワードローブを見直して、コーディネートに活かしたい⇒ワードローブチェック&プラン

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

【ご予約状況】

ご予約可能日程は、土日・平日とも7月中旬となります。

詳細はお問い合わせ下さいませ。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】※フルネームでのご登録をお願いいたします。

≫「10年以上愛されるパーソナルスタイリストの秘訣」のご登録はこちらから