骨格診断ストレートタイプの入卒式ツイードスーツの選び方。

こんにちは、パーソナルスタイリスト、スーツスタイリストの三好凛佳です。

先日、入卒式スーツのショッピングアテンダントを行いました。

ちょうどセレモニースーツの買い時だったのでサイズも豊富で、お隣りで試着されている方も同じご用途のようでした。

そろそろ品薄になってきたので、これからの方は2月中がお薦めですよ。

 

さて、入卒式向けのスーツといえば、いわゆる華やかなツイード素材のノーカラーが主流。

こんな感じのものが多いですよね。

0217suit

 

あっちこっち探して試着したけれど、どうしても似合うものが見つからない・・・。

以前にファッションコーチングを受けたお客さまからご依頼を頂きました。

 

こういうスーツが似合わないというお客さまの骨格は、ストレートタイプ。

デザイン・素材感ともに、着太りしてしまうスーツなんですね。

ブレードやフリンジ、ビーズなどがついていて、もっと立体感のあるゴージャスなものも多いです。

 

 

でも、デザインが似合うからといって、テーラードスーツを着るのもビジネスっぽくてイヤ・・・。

そんな方も多いかもしれません。

 

「テーラードスーツ×胸元にフリルのあるブラウス」というコーデもありますが、ストレートの方には

フリルのブラウスもキビシイところですもんね…。

骨格の特徴があまり出ていない、32歳ぐらいまでなら着こなせるかな。

 

今回のお客様もテーラードはお持ちで、入学式向けに華やかなものをご希望でした。

ということで、お客様にご提案したセレモニースーツはこちらです。

 

0217shopping

骨格診断の分類は、全然守っていません(笑)

ツイード素材、ノーカラージャケット、シフォンブラウス、レースなど、分類ではNGのオンパレードです。

 

骨格タイプの特徴をベースに捉えながら、着る方の体型やお顔などの他の体型も考えつつ

ご本人の内面性も考えてご提案する「骨格スタイリング」を行っているので

文字分類では伝えられないシルエットや素材感、デザインでお客様とのバランスを図ります。

 

バランスのひとつを上げるとしたら、このツイードジャケット。

かなり薄手のツイード素材ですが、紺と白の糸にラメもMIXで織られれいて、

薄手でも平面的なチープさがなく、上質感があるんですね。

そして、縁のテープ使いが縦ラインを強調してすっきり見せてくれるんです。

また、スカートもタイトで、ウェスト周りにタックが無いデザインでスッキリです。

 

たまに薄手のツイード素材のノーカラージャケットを見かけますが、色や織りが平面的だったりすると

どうしてもチープな感じになります。というかチープなツイードにそういうのが多いかな.

また、そういった素材感だと、後々の着まわしでデニムやパンツなどにコーデしてもキビシイのです。

 

ストレートでお身体が立体的で女性らしいからこそ、素材感はスッキリと縦のラインを強調することで、

「今まで試着した中で、一番すっきり見える!」と、とてもお気に召して下さいました(^^)

 

最近、骨格タイプの分類に縛られている方がたくさんいらっしゃいます。

骨格診断は、基本的にカラダの一面を見て診断するものなので、とても参考にはなりますが

ひとそれぞれ、体型もお顔も着用目的も環境も違いますよね。

だから、縛られ過ぎずに上手に活用して欲しいなと思います。

 

着てみたいという気持ちになったら、まず試着してみて下さいね

 

個人向けメニュー

まずはファッションについて相談して、自分を活かすアドバイスが欲しい⇒ファッションコーチング

ワードローブを見直して、コーディネートに活かしたい⇒ワードローブチェック&プラン

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

【ご予約状況】
3月土日のご予約枠は、あとわずかとなりました。

平日は中旬以降が可能です。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】

≫「10年以上愛されるパーソナルスタイリストの秘訣」のご登録はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です