こんばんは。パーソナルスタイリスト、スーツスタイリストの三好凛佳です。

 

今日は寒いですが、お天気がよく暖かかった昨日。

こんなコーデをしていました。

 

1201rinka

 

ネイビーの薄手チェスターコートに、グレーのツインニット、

ネイビーのケーブルニットスカートにブラウンのロングブーツです。

デパート内は暑かったので、カーディガンは肩がけにしていました。

黒抜きで、グレー×ネイビーの同じトーンコーディネートです。

画像だとちょっとわかりにくいですが、タイツも黒ではなくチャコールグレーにしています。

 

タイツの色に関しては何度か書いてきましたが、もう一度わかりやすく整理してお伝えしますね。

 

上記のコーディネートの場合、スカートがネイビー。

ブーツはブラウンですが、タイツは茶色みが強めのグレーで、色をつなぎました。

ネイビーとグレー、茶は色が違っていますが、配色の相性もよいので色のトーンを合わせています。

なので、どれかが目立つことなく繋がって見えるんですね。

 

1202navyskirt

1202チャコールgraytights

1202brownboots

 

他のタイツを合わせるとすると、もちろん黒でもよいのですが、

全体のイメージを柔らかくする場合には、スカートもしくは靴に合わせます。

 

1202navytights

1202browntights

スカートに馴染ませるなら、ネイビー。ブーツに馴染ませるなら茶色といった感じです。

このスカートはニット素材なので、素材感も合わせてコットンタイツにしています。

 

 

もし、グレーのスカートで、茶色の靴だった場合。

1202grayskirt

1202brownboots

 

トップスの色にもよりますが、基本的にはスカートもしくは靴の色に合わせます。

1202gray2tights

1202browntights

もちろん黒のタイツでも変ではありませんが、視線が途切れたり黒が目立ったりしますよね。

下半身の脚長効果をねらうなら、色を揃えるとよいと思います。

 

ちょっと悩ましいのが、明るい色のスカートの場合。

例えばベージュのスカートの時には・・・、

1202beigeskirt

私がよくするのは、やはりタイツと靴を同色にするパターンです。

1202blacktights

1202blackboots

黒のタイツに黒のブーツやスエードパンプスは、スカートが白のときもします。

ただし、タイツは透けないものにしています。

黒が透けると、白系のスカートに合わせたときには、ちょっと夜っぽい感じで好きじゃないんです。

個人的な見解ですけど・・・(笑)

ちなみに黒のタイツやストッキングに白やベージュの明るいパンプスの方もよく見かけますが

個人的にはあんまり好きじゃないので、私はやらないかな。

 

トップスの色によっては、茶系やグレー系も合わせてもよいですね。

1202browntights

1202brownboots

 

1202gray2tights

1202grayboots

 

 

ベージュや白のスカートに、ベージュ系のブーツを履きたい場合。

お洋服のテイストによっては黒とか暗い色もありです。

でも、白などの薄い色のタイツは、脚が太くみえるしコスプレっぽい(笑)感じになるのではきませんね。

若いころはストッキングにしていましたが、最近は年齢的にそれも違うかなと。

 

ロングブーツなどでタイツが少ししか見えないなら、モカやグレーなどで明るくなりすぎないものぐらいでしょうか・・・。

ベージュのタイツって、逆に老けてしまいそうな気がしますし。

このあたりは洋服全体のイメージ次第というところが大きいように思います。

1202beigeboots

1202mocatights

 

 

長くなりましたが、ベーシックな着こなしのタイツの色合わせの参考にして頂ければ幸いです

 

個人向けメニュー

まずはファッションについて相談して、自分を活かすアドバイスが欲しい⇒ファッションコーチング

ワードローブを見直して、コーディネートに活かしたい⇒ワードローブチェック&プラン

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

【ご予約状況】
12月のご予約可能スケジュールはこちらです。

 

メールマガジン

■around40からの大人の働く女性に向けたファッション情報や着こなしのポイントを苦手な方にもわかりやすくお伝えするメルマガです。【不定期配信】

≫「大人の女性が輝くおしゃれ講座」のご登録はこちらから

 

■パーソナルスタイリスト予備軍の皆さまへ、10年以上経験からファッション起業の成功法やここだけのお話をお伝えします。【不定期配信】

≫「10年愛されるファッション起業の秘訣」のご登録はこちらから