こんにちは、国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

 

先日、約10年ほどのおつきあいになるお客様から、こんな言葉を頂きました。

 

『最近、コーディネートをブログにアップされているのを見ていると、

どんどんかわいく、若くなってらっしゃいますよね♪』

 

あー、若くなってるなんて言って頂けて、かなり嬉しかったです!

だって年々、体中が引力に負けてきてますし、体力的にも年を感じることが多いので(笑)

 

この方に限らず、最近よく、「大人カワイイ」と言われます。

もともとフィット&フレアーのスタイルが好きで体型にも合うので良く着ていたのですが、

最近はコーディネートをアップするのもお仕事のひとつと思って行っていることもあり、

ご覧頂く機会が増えたのもひとつの原因かと。

基本的にはお客様が主役と思っているので、自分を出すのは苦手なんですが、

各方面からのアドバイスや圧に言い訳が効かなくなってきました(笑)

 

私の好みはカワイイというより、こういったクラシックなスタイルが好きなんですね。

0805bazaar

先月号のハーパースバザーの1ページ。このページをじっくり見たくて思わず雑誌1冊買いました。

1947年のハーパースバザーに掲載された、ディオールのニュールックというシルエットのスタイルです。

 

そして、この広がるスカートのシルエットという外見の印象だけでなく、私自身の心の方も

影響して、第3者にそう感じさせるのかもしれません。

 

それは、心か求めるものを自分らしく装っていること。

もちろん、シーンに合わせて印象や役割は考えますが、自由にしてよい時には心に従って

似合う&着たいものをコーディネートしています。

それも一つのパターンだけでなく、いくつかのテイストの自分を楽しみます。大きくわけると3つぐらいかな。

 

その肩の力の抜け具合が、ふんわりとして可愛く見えるのかもしれませんね。

そもそも外見的に、パワー全開なタイプじゃないので(笑)

他の方からも好評なので、ちょっとこの方向性も増やそうかなと考えてます。

 

 

パーソナルスタイリングをご依頼下さる働く女性の中で、真面目にきちんとしようとするがあまり、

固い雰囲気やダークな色みや無難なアイテムのファッションになってしまい、本来の自分らしさを

毎日の装いで表現できない方が少なくありません。

 

第3者は外見そのままでその人を判断するので、固くてダークな色の真面目なファッションだと

話しかけづらかったり、余裕が無さそうに見えたりもしてしまうんですね。

そうなると、本当の自分のキャラや人柄が伝わらず、違和感やストレスになったり…。

 

それでは本来の魅力が活かされずにもったいないですよね。

なりたい自分や心が求めるものを探す前に、まず第1歩は自分を知ることがお薦めです。

私が今回たまたま、お客様からフィードバックを頂いたように、どんな印象かを信頼できる方に

きいてみるのもよいと思いますよ。

それがきっかけとなって、今の自分が見えてきますからね。

 

イベントのお知らせ!

8/24(日)13時~ 大人の女性が輝くためのパーソナルファッション講座
~似合うを知れば、装いと毎日がもっと楽しくなる!~ 満席のため、1名様のみ増員して受付中!

8/30(日)14時~ 私が輝く“Life&Fashion“スタイルの創り方プレセミナー@横浜
~建築家とパーソナルスタイリストが教えるインテリアもファッションも自分らしさを活かして、素敵に輝く秘訣~

 

個人向けメニュー

まずはファッションについて相談して、自分を活かすアドバイスが欲しい⇒ファッションコーチング

ワードローブを見直して、コーディネートに活かしたい⇒ワードローブチェック&プラン

レッスン形式でじっくりと自分のスタイルを作りたい⇒パーソナルスタイルコーチング

 

【ご予約状況】
8月…ご予約受付中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です