こんばんは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

 

ファッションコーチングでお客様のお話を聞いていると、よく出てくるのが

「いつもワンパターンなファッションコーディネートになってしまいます…」

というお悩み。

それを解消しようと洋服を買いにいくのだけれども、購入した洋服を持ちかえってみると

何故か持っているアイテムの色や形とそう変わらなかったり・・・。

ちょっとガッカリしていまいますよね。

 

0329fashion

 

ワンパターンに陥ってしまう原因として、思い込みに捉われていることが多いです。

アラフォー以上でファッションに苦手意識があると、どうしても守りのスタイルになってしまいがち。

人からどう思われるかが気になってしまったり、何にでも組み合わせができるものと考えてしまうと

シンプルで地味めな色や形のアイテムを選んでしまうんですね。

 

その結果、黒やグレー、明るくてもせいぜい白かベージュのニットやカットソー、パンツばかりで

体型も気になるお年頃なので、とにかく「隠す」シルエットのものが増えてしまうことも多いかもしれません。

 

こういうシンプルで黒やグレーのアイテムは無難だし、よく目にする色でもあるので

着慣れていくものです。

そうして「着なれた色や形」は、いつの間にか「自分に似合う色や形」と思い込んでしまい

新しい洋服を買おうと思ったときに、着なれた色や形であればイメージがしやすく

似合うと判断できるので、同じような洋服を購入してしまうことになるんですね。

ワンパターンに陥っている方は、このよくない循環に巻き込まれているかも…。

 

それを断ち切るには、まず自分の思い込みを外すこと!

そのためには、自分を知ることが最初の1歩です。

自分を知ることはコンプレックスを増やすためではなく、あなたの魅力をもっと活かした装いをするため。

だって、あなたに似合うファッションは、もっとたくさんあるんですよ。

 

本当に似合う色を知りたいのであれば、パーソナルカラー診断を受けるのもよいと思いますし、

(でも弊社に来られる7割の女性は、診断を受けてても活かしきれていないことも多いですが…)

体型に合うデザインやコーディネートを知りたい方は、パーソナルスタイリストなどのプロに

アドバイスをもらうのがよいと思います。

 

自分で何かを変えるのであれば、まずは小さなチャレンジをしてみること。

洋服ではなく、ストールやアクセサリーで顔映りのよい明るくなるものをプラスしたり

いつもはシンプルなニット+パンツだけど、トップスはふんわりとしたブラウスをパンツに

合わせてみるなど…。

何か一つ新しいものを取り入れる「小さな1歩」から始めるのがよいと思います。

 

桜がもう少しで満開を迎える春の季節。

ぜひ、ワンパターンを断ち切って、あたらしいファッションにチャレンジすると気分も変わりますよ

 

≫個人向けスタイリングメニューはこちらから