大人のシャツの着こなし方。

皆さま、こんにちは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

ここ数日、とても温かいですね。また寒くなると思うけど、春に向かう気分になりますね。

 

さて、先日ショッピングアテンダントの時に、白シャツを使ったコーディネートを行いました。

試着したお客さまは、シャツを着ただけだとイマイチな雰囲気のお顔つきだったのですが

いろいろと着こなしのポイントをお伝えしながら実践していくうちに、『いいかも!』と嬉しい表情に(^^)

 

アラフォー以上の大人の女性は、シャツは普通に着るだけだと、固くなるか寂しくなることが多いです。

ちょうどよいディスプレイがあったので、シャツの着こなしについてご紹介しますね。

0130shirt

バナナリパブリックの数日前のディスプレイ。

春らしくシャツの着こなしや、トレンチコートの提案がされています。そろそろ春物ショッピングですね♪

ブルーのシャツ×スカートのスタイリングも、オフィスカジュアルによい感じです。

このシャツスタイルと私がアドバイスした着こなしのポイントが同じなのでこちらを使わせて頂きます。

 

■シャツ着こなしのポイントは4つ

0130shirt-2

①襟を立てる

後ろ襟を立てるのですが、すべてを立てたあとに、襟の上になった部分を端から1~1.5cm程度

折り返します。写真のマネキンの襟も折り返っているのがわかると思います。

こうすることで、前にくる襟のおさまりがよくなって自然な感じになります。

また、後ろのみ高くすることで、襟開きのVゾーンが深くシャープに見えるんです。

 

②袖をまくりあげる

このマネキンさんは、肘まで2回ほどまくり上げていますが、ちょっとまだ寒いかも(笑)

今ならカフスのボタンを外して、カフスをまくって少し手首を見せるだけでもスッキリします。

ニットやカーデを上に着たときにも、カフスを折り返して袖に白い部分を出すと、こなれた感じや

清潔感も増すのでお薦めです。

 

③ネックレスは必須

大人がシャツを着こなすには、ネックレスやピアスなどのアクセサリーは必須です。

写真のようにショートのボリュームネックレスはトレンドなので、今の雰囲気を取り入れた

着こなしになりますね。

もちろんロングネックレスの1連や2連を、シャツの上に重ねるのもOKです。

 

大きいフープやボリュームのあるピアスにして、首はノーネックレス、大きめバングルを

つけるという大人の着こなしも素敵。

ただし、すべてが華奢なアクセサリーだと、ヘアスタイルやメイクが完璧でない限り

大人の場合は寂しくなるのでご注意くださいね。

 

④ベルトをつける

シャツをインにする場合、スカートでもパンツでもベルトをつけた方がスタイルが引き締まります。

スカートの場合には、このように細ベルトを飾りとしてつける感じ。

お洋服の色に合わせてもよいし、靴やバッグの色の合わせてもよいですね。

単独でいきなり違う色が来るのではなく、洋服や小物などの色と合わせましょう。

マネキンはゴールドメタリックのベルトで、アクセサリーと合わせています。

 

 

 

こんな感じで大人のシャツスタイルの着こなしが完成。

ぜひ、お試しくださいね♪

 

 

個人向けスタイリストサービスはこちらから ⇒ スタイリングメニュー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です