皆さま、こんばんは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

3連休の中日、少し暖かい1日でしたが、いかがお過ごしですか?

新宿へ仕事でまいりましたが、いつもの土日より人が多かったです。

 

最近のメンズスーツのスタイリングは、パターンオーダーでご提案させて頂くことが多くなりました。

先日も1年ぶりにスーツを購入されるというお忙しいお客様とのパターンオーダー同行でした。

 

オーダーって、初心者だと出来上がりがイメージしづらいのでご不安に思われる方もいらっしゃい

ますが、その場合にはできる限り既製品があるブランドや、生地を体に当てて見ることが

できるところなど、いろいろ工夫しながらご案内しています。

 

でも、一番肝になるのは、そのブランドやテーラーさんのスタイル(シルエット)。

お客様の体型とビジネスで表現したいイメージの両方を考え合わせ、お店選びの段階からスタイリングを

させて頂いております。なのでいつも同じテーラーさんで仕立てるという形ではないんですね。

 

そして、通常のショッピングアテンダント同様に、必ず下見を行います。

1103suit

こんな感じでたくさんある生地見本の中から、いくつかの生地をピックアップ。

先日のお客様はデパートだったので、2店舗でこのようにチェックしました。

実はこの作業も結構時間がかかるんですよ。

洋服を見て回るのとは違う神経を使いますが、この時ほどファッションデザイナーをやっていて

よかったなぁと思う瞬間はありません♪

 

そして後日、お客様と同行し、ピックアップした中からお選び頂くようにしています。

話し合いながら、仕立てるとどんなイメージになるのかなどアドバイスをしながら一緒に

決めて行きます。

 

今回のお客様は、ネイビーのピンストライプで2ピースを1着、グレーのストライプで3ピースを

1着と、合計2着お作りになりました。

 

採寸の時には、お客様の着心地や好みを確認しながら、お店の方と一緒に事細かにサイジングを

行っていきます。

私がご提案するパターンオーダーのお店の方は非常に協力的なので、いつも本当に助かっています。

 

1103suit2

そして最後はこんな感じで、素材に合わせた裏地やボタンなどを選びます。

今回のお客様は、ちょっと華やかにされたいということで、紺のスーツにブラウン×ブルーの

玉虫織りになった裏地を付け、ほとんど黒に近いこげ茶の水牛ボタンを選びました。

このあたりもコダワリのないお客様には、私にすべてお任せこともあります(笑)

 

このような手順でいつも、パターンオーダースーツの同行を行っています。

ほとんどのお客様はこの後、シャツをオーダーor購入して、ネクタイも2~3本選ばせて

頂くという感じです。

 

現在、パターンオーダーは3週間~1ヶ月の時間がかかります。

ご興味のあるけど、ちょっと不安・・・。そんな方にもピッタリの1着をご提案いたしますよ(^^)

 

 

≫個人向けスタイリングメニューはこちら

※11月土日祝のご予約可能日は、23(土)am、24日(日)のみとなりました。