似合う&好きがワードローブ構築のベース。

皆さま、こんばんは。国際イメージコンサルタント・パーソナルスタイリストの三好凛佳です。

今日もとっても暑かったですが、来週からお天気が崩れて寒くなってくる様子。

これまで暑くて、衣替えという感じではありませんでしたが、そろそろ準備をした方が

よさそうですね。

 

さてさて、もうすでに秋物ファッションのお買物をされている方も多いかとは思いますが、

今日はワードローブ構築のお話です。

 

ワードローブを構築するには、どんなアイテムを何着という前に自分のベースとなるものを

しっかり決めておかないと、購入してもバラバラになってしまうんですね。

 

そこで基本となるのが、『似合うもの&好きなもの』であるということ。

1011board

『似合うもの』であることは、やっぱり大事。

外見的な要素だけでなく、内面にも『似合う』があり、これは自分の成長と共に

変化していくものなので、一生ずぅーっと同じとは限らないんですね。

 

でも、『似合うもの』だけでは、ワードローブの扉を開けたときに、ワクワクするとは限りません。

やっぱり今の自分が『好き♡』と思える要素も必要。

好き』と思わないと、なかなか着る機会が少なくなってしまうことがありますから。

 

この2つはバランスがとっても大事で、

『好きでも似合っていないもの』は、ひとりよがりの服装になることもあるし、

『似合うと言われても自分の好みからかけ離れていて好きになれないもの』は、着ていても

表情が輝かないのです。

もちろん、『似合うかどうかが自分ではわからなかったもの』が着ることで周囲に褒められて

『好き♡』に昇華することもよく起こります。

 

自分にどんなものが似合うか?そしてどんなものが好きなのか?

お洋服を買う前に、時間をとって考えてみるのも良いと思います。それがタンスの肥やしを

つくらないことにも繋がります。

 

自分の『好き』を知るには、以前ご紹介したコラージュをやってみてくださいね。

≫まずは、自分定番を考えてみる

 

『似合う』がわからない方は、ファッションコーチングでアドバイスさせて頂きますので

ぜひ、ご検討くださいね。

≫ファッションコーチング

※10月・11月土日祝のご予約可能日時がわずかとなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です